あめふりあほのこ

おやまに あ~めがふりました~
あとからあとから ふってきて
ちょろちょろおがわができました

というのは「あめふりくまのこ」

 なぜか梅雨の時期になると思い出す歌なのです。柄にもなく好きな曲だったりします。刷り込みとでもいうんでしょうかね、ちっちゃい頃に何度も何度も聴いたから記憶に残ってるのです。何かの幼児用知育テープ&絵本セットを親が買ってきて(あるいは誰かからもらってきて)、その中にあったのです。とにかく、声楽家の方によるきれいな歌声が印象深かったです。

 この収録されているテープというのが、これまた自分の幼児期でさえバスアナウンスなどの業務用途以外では絶滅危惧種と化していた8トラを二周り以上ちっちゃくしたようなキワモノ中のキワモノ(ハイパック?)で…。仮に物置にテープと再生機が残っていても30年前のテープ装置なんて間違いなく駆動部の劣化で動かねーし、いまどき再生機もあるんだかどうだかで、収録テープを聴くすべはおそらくもうねーのです。
 遠い記憶を元に絵を描くと、再生機はこんな感じの機械(↓)でした。ピンキーだかディンキーだか、そんな商品名だったと思います。これは立方体に近い形ですが、ツインファミコンみたいな形をした再生機もあったような気がするのです。何で2台もうちにあったんだろ?…まぁいいのです。どうせ探し回ってもとうに捨てていて、でてこねーと思います。




 で、こうなると無性に「あめふりくまのこ」が聴きたくなって、ググってみたら、楽曲のほかに、Amazonでこれの絵本がでてきました。リンクしといてやるです。
 何種類かあって、それぞれ異なる絵本作家さんが絵を手がけているのですが、下記リンク先のが一番好き。ふうわりとして、どこかやさしい感じがいいのです。



あめふりくまのこ 高見 八重子 (イラスト), 鶴見 正夫
ISBN-13: 978-4893257772


‥‥‥‥。

‥‥‥‥‥‥‥‥。

えーと。


白いところが口に見えて熊がアヒャ化してるように見えた奴、表に出やがれです。


P.S. あと、プルンと突き出した唇に、思わず割れあごを期待してしまった奴も、表に出やがれなのです


P.P.S. 要するに、今日の雑記は、「30年前の無垢な幼児は、無恥なオッサンあほのこ(はぁと)になりました」というお話。
スポンサーサイト
プロフィール

mtr_mai

Author:mtr_mai
鉄道擬人化サークル:駄本会社まいとれのサークル主、M@Iです。 鉄道車輌擬人化の漫画を描いては、売れもしないのに即売会で頒布して遊んでます。
同人関係メインサイト⇒http://www.geocities.jp/mtr_mai/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR