本”松”転倒

「奇跡の一本松」市が保存法発表 陸前高田
魚拓元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120721-00000003-khks-l03

♪形のないものを 信じられずに オブジェだけが残ったけど~

 …う~ん、これ本当に誰得?
 ほぼ枯れそうな木を樹医がものすごい施術をして生かす話ならまだしも、すでに枯死したものに無理矢理金属製の芯材を入れて、レプリカの枝葉をつけて、防腐処理(すでに枯死しているから)を施し、挙げ句の果てに落雷による倒木(それもう木じゃないのに「倒木」ですよ)を防ぐために避雷針!(笑)ときたもんです。
 もう、いっそ携帯電話の基地局機能や海上レーダー機能、あと有事には防空ミサイルとして飛んでいく機能もつければいいんじゃないでしょうか。

 何が言いたいかというと。

 お願いその松をもう休ませてあげて。

 …これ、本当に現地の人々の心の支えになるんでしょうか?彼らが心から求めたものでしょうか?一部の利権屋とか名誉欲にとりつかれた輩とかが「震災口実」でとんでもないことをしているように思えます。未来の復興を目指す象徴としてなら、その松のあったところに同じ種類の松の苗木を植えて生育を見守るとか(相当の土壌改良が必要でしょうけれどもね)、未来に育っていく形のほうがシンボルになる話だし、地元の人々の心の支えになると思うのです。オブジェにしても、例えば(松をイメージした)ステンのポールと御影石か何かの石碑をセットで備えて済ませたって1000万円もいらねぇですよ?
 ついでにいえば、オブジェとして構造材が10~15年ほど持つと自治体はいうものの、この手の防腐処理については2年くらいしか持たないという話も。ともすれば、以後2年おきのメンテナンス費用が、このナンセンスな初期導入費1億5000万円のオブジェにかかりうるわけです。

 お役所にはあまりに莫迦野郎さんなことをしている奴らがいるのだなぁと思うのです。きっと、10年後に物笑いの種になっているだろうと思うのです。いやはや。
スポンサーサイト
プロフィール

mtr_mai

Author:mtr_mai
鉄道擬人化サークル:駄本会社まいとれのサークル主、M@Iです。 鉄道車輌擬人化の漫画を描いては、売れもしないのに即売会で頒布して遊んでます。
同人関係メインサイト⇒http://www.geocities.jp/mtr_mai/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR