FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やまぐち号リニューアル

今年は6月ごろから何度か通っているのですが、ふと行ってきました。
まぁ今年は7~8年ぶりのDCもあり、この9月からの新型客車の投入、晩秋からのD51の投入と、山口が熱いです。
この9月頭は、新型客車のデビューといういことで、今回は撮影のみを目的に現地入り。

9月2日は新旧客車の交換離合を篠目にて。
これは、後にも先にもそうやらないでしょうし、貴重な一枚となりました。


地元鉄グループの場所取りに若干のモヤモヤはあったんですが、一応、そのグループのうち何人かの方は徹夜で現地入りして待ってた人に配慮して低めに構えてくれたので、結果的に実害はなく、予定通りワイドアングルで撮影できました。
…とはいえど、私と一緒に前夜から現地にいた方のうち、カメラをパンさせるつもりだった動画鉄の方は、立ち位置がそれでも解決できない位置だったために台無しになってしまった様子。長い間待っていたのを知っているだけに本当に気の毒でした。静止画メインで動画は定点固定というなら、前の人の頭か肩の間からうまく抜けばいいんですが、メインが動画で、カメラをパンさせながら1台のビデオカメラできれいにまとめることを試みる場合は、さすがに無理だったようで…。一番やりたいことが台無しってのはつらいよね。(これ、伏線なのです)


9月3日は宮野定番。

銀塩35mm機換算135ミリの中望遠域で納めてます。本来、もう少し手前にコスモスが群生しており、そこまで引っ張る(”電柱脇”を立ち位置とするなら90ミリ~100ミリくらい)のがいい撮影地なのですが、これが7月ごろにまるまる草刈りされてしまって…、見るも無残に土むき出しになっていたので、奥に押し込んで稲穂と一緒に撮ってみたのです。

そして、仕上げに、返しの上り列車を個人的に定点観測地にしている長門峡-篠目S字の俯瞰へ…
ここで事件はおきたのです。いやはや、年々追っかけ族のマナーは悪くなる一方で…
列車通過前の、長門峡発車の汽笛も鳴り響き、踏切が鳴り出す直前の16時37分、奴は突如として現れた。
まぁ時系列をまとめた画像をご覧くださいまし。



見よ、このドヤ顔。故意犯です。
定番の俯瞰ポイントで、列車向こうの逆サイドに立つパターンはあります。車体で隠れるからね。みんなそれを知っているので、追っかけ族で列車の奥の道路に立つ人は時々ある。
しかし、こいつがもぐりこんだ場所は、電流鉄線でかこわれた、明確に地主さんが入るなと意図を示している田んぼ。そこに堂々と入ることも問題ありなのですが、しゃがんで安心させておいて、自分がガーター上の窯の大写し(たぶん)をした瞬間、即座に立って次の追っかけにダッシュというのが許せない。
入ってきてまず茂みにしゃがむということは、この俯瞰ポイントを知ってるわけですよね。そこでどういう風にみんな撮るかを知ってるわけですよね。
それで立ち上がるあたり、最初から乱入したうえで次のポイントに1秒でも早く暴走運転していくために、気を使っているふりをして見せた非常に悪質な撮影者です。直前割り込みでそのまま立っていれば罵声が飛んでくる話ですから、それをさせないために形だけしゃがんで見せて、俯瞰ポイントの撮影者をだましたわけです。

しかしこのモジャモジャ頭野郎、ここから追っかけても、やまぐち号に関して次に撮影できるポイントはそうそうねぇだろうと。
まぁ暴走運転で事故らずいけば、湯田温泉より南のあたりで追いつくんでしょうかね?
絵面的に面白い場所でもないので街中で撮っている人がいるかどうかはわかりませんが、居たとしてまた同じ手口を使い、そこで準備して待っていた撮影者の撮影を台無しにするつもりなのでしょう。
こんな乱入をしてまでしょっぼい機関車の大写しを得たいというなら、鉄道博物館でもどこでもいきなさいよ。その程度の写真なら博物館で十分です。
本当に、ガーター脇のローアングル大写しとか、直前乱入してまで取る絵か?こんな追っかけをするなら、沿線撮り鉄なんてやめちまえ。
スポンサーサイト
プロフィール

mtr_mai

Author:mtr_mai
鉄道擬人化サークル:駄本会社まいとれのサークル主、M@Iです。 鉄道車輌擬人化の漫画を描いては、売れもしないのに即売会で頒布して遊んでます。
同人関係メインサイト⇒http://www.geocities.jp/mtr_mai/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。