スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬鹿げてる。本当に馬鹿げてる。

開業早々にいうのもなんですが、ニュース記事見て突っ伏したのです。

北海道新幹線 1往復だけ3時間40分台OK 18年めど
https://archive.is/fMnOm

>審議会の案によると、まず専用の「確認車」がカメラやレーザーも駆使して、
>共用区間に落下物がないか1時間かけて確認する。
>作業終了後の1時間以内に、最速列車が最高260キロで通過する。
>この計2時間は貨物列車が通れなくなる。


開業早々に水を差す格好になっちゃうけど…バカすぎる。あまりにバカすぎるのです。
そこまでして260km/hにこだわるのは意味があるのか?イナカモノの見栄以上の意味がありません。輸送需要も乗車率25%未満といういささか情けない需要予測、輸送力過大のH5系。そして貨物輸送を圧迫してバカな空白時間帯を日中に2時間も作ってまで260km/h走行。
ゆくゆくは北海道新幹線を通したいから新幹線規格で掘ったトンネルだとはいえ、今や貨物輸送の大動脈となっている青函トンネルで、区間閉塞させてモーターカーを走らせる無駄な時間を日中に2時間も設けてまでこんな無理やりな爆走をやろうというのは愚の骨頂です。

他を圧迫してまで需要のないものの速達化にリソースを割く。無理やりな速達化はやめるんじゃないでしたっけ、JR北海道さん。
盆暮れ以外に満席になることもないであろうH5系の投入。輸送力の適正化を図るんじゃないでしたっけ、JR北海道さん。
新幹線というおもちゃに舞い上がってる感が強いですよ、JR北海道さん。

実のところ、青函共用区間をスーパー特急の速度と割り切ったうえで、E6系のような二電源対応の車両を投入して、ミニ新幹線方式で実装するのが一番スマートな新幹線の通し方だったんじゃないのかなって思いますね。後の祭りですけれども。
何時間もかけてロビーカーも何もない新幹線の座りっぱなしで北海道に行こうと思う時点で相当の物好きですし、そのような向きが、高々30分そこいらの早い遅いを気にしますか?

というわけで、25%の座席に物好きな乗客、残り75%の座席に自治体と鉄道事業者の見栄を載せ、ロジスティックスを阻害しながら、青函区間260km/hの特別な北海道新幹線が2018年に走り始めるらしいというお話でした。

#純粋に高速化の恩恵が大きい北陸新幹線とは違い、北海道新幹線は悪い要素しか見えてこない。
スポンサーサイト
プロフィール

mtr_mai

Author:mtr_mai
鉄道擬人化サークル:駄本会社まいとれのサークル主、M@Iです。 鉄道車輌擬人化の漫画を描いては、売れもしないのに即売会で頒布して遊んでます。
同人関係メインサイト⇒http://www.geocities.jp/mtr_mai/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。