スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電池交換できないスマホのこと

 この1~2年くらいで携帯電話メーカが軒並みバッテリーパック方式をやめて電池を本体と一体化するようになったのを、ガジェット系雑誌やネットの提灯メディアはどいつもこいつも「防水防滴のため」と書き散らかし、「交換できないのが正しいことなのだ」と情報の受け手を洗脳しようとしていますが、そんなのを見るたびに思うのです。
 普通に使っていて降雨にあっても浸水するほど水なんざ浴びねえし、スコールみたいな状況を想定するというなら、濡れた静電パネルでタッチも反応しないであろうそんな状況で一生懸命スマホの画面をなで回したいヌケサクがそうそういますか?もっといえば、本当に防水防滴にバカみたいにこだわるなら、それより先に、ぬれていても確実かつ正確にタッチに反応できるタッチパネルを作ってからやれって話なのです。
便器にドボン!とか、服と一緒に洗っちゃった♪きゃはっ♪みたいなの以外、防滴防水のお世話になる状況なんてないでしょうよ。そして、服と一緒に洗濯なんかしたら、日常生活防水レベルの防滴防水なんざ屁の役にも立ちませんね。
ゆえに、そこまで防滴防水は重視することではない筈なのです。

防滴防水のためなんてさ。
結局、いいとこ2000円以下の電池パックで済む自力交換を廃して、糞高い修理扱いの電池交換を設定することで、強制的に2年おきくらいで新品に買い換えさせようという大手キャリアとメーカーの利害の一致によるアコギなやり口の、苦しい言い訳でしょうが。


#おや、誰か来たようだ…誰だよこんな夜更けに
スポンサーサイト
プロフィール

mtr_mai

Author:mtr_mai
鉄道擬人化サークル:駄本会社まいとれのサークル主、M@Iです。 鉄道車輌擬人化の漫画を描いては、売れもしないのに即売会で頒布して遊んでます。
同人関係メインサイト⇒http://www.geocities.jp/mtr_mai/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。