スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MP3,正式に終了のお知らせ(棒

なかなかユニークな記事なので記録しておくのです。

MP3、正式に終了のお知らせ
http://www.gizmodo.jp/2017/05/mp3-is-over.html


いやはや、どうにもコメントしようのない味わい深いニュースでございます。
書いたのはRhett Jonesって米国ギズモードの方ですね。
日本語訳者はmayumine(誰?)

なんというか…、Appleあたりから金を握らされた等で悪意を持って書いてるほうがまだ許せる気がしますよ、これはw
もしも故意にミスリードを誘発して商用コーデックへの移行を煽ったわけでなく、天然で書いた記事だというならば、いよいよRhett Jones氏は職業ITライターとして切腹モンです。
なぜなら、天然でこの記事をひりだしてしまうとしたら、それは職業ITライターの知識・素養の問題としてあまりにお粗末だから。

#アレな記事なのでとりあえず いっぱい 魚拓を とっておきました。
スポンサーサイト

GPD WIN

思った以上にイカス!というか、「初めて手にした大正解」って感じです。
液晶が気泡まみれになるまでのちょっと前までのお出かけの友・U/G90は、あくまでPCの作業を要するときの緊急端末としてギリギリであり、手持ち操作は論外!(おいらの手が小さい故)だったのですが、こいつは全部解消しています。
これはむしろ手持ち操作してなんぼのハードウェア。
指が届かないキーはなく、あらかじめコントローラのボタンにIMEオンオフやCtrl+Cなどをマッピングしておけば、PCとしての操作がストレスフリーで全部できる。
なので、おいらはタッチパネル真っ先にハードレベルで切りましたしね。
たぶんゲーマーからみると邪道もいいところでしょうが、ゲーム機として使う予定は全くありません。
おいらの用途は純然たる端末なのです。

少しググるとエアユーザが妄想のもとに屁講釈たれたりしてましたが、こいつなぁ…。

全然わかってねぇわ、この人…。実機を手にしてじっくりカスタマイズしてから言えってもんですよ。

#さらに言えば、失敗する!という力説もイタい。
#クラウドファンディングでアーリーアダプターからどんだけ投資が集まったかって話で、
#それが数倍の額面で集まった時点で何も失敗してないんですよね、GPD WINは。
#何をもって失敗すると吠えているのか。こいつ、富士通やNECのマスプロダクトと勘違いしてるんじゃないのか。

##こういう愚かなおぢいちゃんにはなりたいくないと思いました。まる。

(備忘録)Windows10のSSID隠蔽アクセスポイントへの接続

ひょんなことからLOOX U/G90の後継になりそうな(ハードだけは素晴らしい)某Windows10パームトップ機を導入することになり、かなりドハマリしてGWをつぶす羽目になったので、覚書です。
ひょっとしたらWin8.xでも起こるかもしれないけど未検証。なぜならWin8.xで無線LANの世話になるモバイル機を持っていないから。


<事象>
・Windows10だけがSSID隠蔽アクセスポイントに繋がらない。

・Windows10(少なくともビルド1703)は、SSIDを隠ぺいした無線LANアクセスポイントに接続するとき、「ネットワーク」のプロパティ、すなわちコンパネの「ネットワークと共有センター」からワイヤレスアダプタを指定して直接接続先の新規設定を行ってはいけません。

#うっかり設定してしまうと、絶対に繋がってはくれないプロファイル24時間(仮称)との格闘戦の始まりです。
#ちなみに私は解決に手間取り(事後の原因追及含めてですが)、24時間どころか72時間スペシャルだったのです。
#くたばれサトヤナデラ。てめーの方針でWindowsの仕様がこねくり回されているからだ。


・直接設定を行った場合、「SSIDを隠している場合も接続する」にチェックを入れたか入れなかったかを問わず、DHCPの取得に失敗したり、NetBIOS over TCP/IPによる近隣ホストの検出ができなくなるのです。これは「付近のコンピュータがこのマシンを検索できるようにする」(=プライベートネットワーク)設定を行ってもダメ。一度その状態に陥ったプロファイルは、GUIだろうがnetshによるパラメータ変更だろうが、果てにはxmlからのプロファイルインポートだろうが、あらゆる設定変更が意味をなさず、接続できなくなっちまいます。(この部分が非常にバグもしくは仕様不良臭ェですね)

・ちなみにこの症状が発生しているとき、物理層の接続は少なくとも確立されているのです。無線LANとしての接続は成立するが、DHCPが通らないので、リンクローカルアドレスが振られてご臨終…なのです。

・面白いのは、半端にIPレイヤの接続が確立している点。固定IPにしてpingを打つと、ローカルのイーサネット内では、少なくとも同一セグメント内ではばっちり通ってやがるのです。でも、NetBIOS over TCP/IPが機能していないし、WINSによる名前解決もできませんから、たぶん上物のプロトコルはほとんど通らんだろうなと思います。上物も足許もトチ狂った状態で、IPだけが半端に生きてやがります。



<解決方法>
お前らは、コンパネを使うのをもうやめて、アクションセンターからアホ面下げて設定しなさい。以上。

・いえ、冗談抜きでこれが解なのです。

・あなたは、たとえSSIDの名前を知っていても知らないふりをすべきです。アクションセンターに出てきた「非公開のネットワーク」をクリックして、そこからSSIDの名前を入れて、パスワードを入れて、そしてプライベートネットワークに設定して、自動接続を設定しましょう。そうすると、接続が確立され、あなたは素晴らしいWindowsのユーザ体験を楽しむことができます!(MS風の意識高い系表現)

・でもこれはこれで、ハマった後でやると、追加されたプロファイル名に変な番号がついたりして気持ち悪い。そのお掃除にまた手間がかかり…。さらには、設定後、すでにプロファイル名がついて表示されるにも関わらず、なおも独立の項目として同じAPに対する「非公開のネットワーク」が出現して消えないのがどうしようもなく気持ち悪いのです。


…以上でございます。ちなみに、セキュリティはオートネゴシエーションなので、WPAかWEPか、暗号化プロトコルはどうかなど一切設定不要。パスフレーズ入力のみなのです。エンタープライズ環境ではまた話も違ってくるようですが。

しかし、この設定方式って、実は非常にまずいんじゃねーのか?と思います。
正体不明のネットワークを選んでそこにSSIDとパスフレーズを入れさせるなんてね。

そんな手順、悪意のある実装をしたアクセスポイントを作ればSSIDとパスフレーズの抜き放題じゃねーですか。

そうでないにしたって、ご近所の家庭内Wi-FiがみんなSSID隠蔽していたらどうなるでしょうね?どれがおれっちのAPだ…ってことになりませんかね?
我々は、お忍びで格闘大会に出場して分身の術を使うモンスターと戦ってるとんがり帽子でロリ巨乳な姫君や、風雲たけし城の自由への壁の挑戦者じゃねーのです。

総じて、これは絶対にMSのアプローチが間違っているわけで、明らかな改悪といえましょうよ。
新ビルドが出る都度の傾向からあきらかなんですが、Windowsの開発はコンパネ抹殺の方向に動いていて、しかしWin8.1のタイルとスタート画面で大不評を買った経験から、真綿で首を絞めるようにアホアホ仕様に移行してやろうという魂胆のようです。少しずつのデグレードなのです。
しかしこのデグレードはシャレにならないと思う。うっかりコンパネ上から接続プロファイルを作ってしまうと、netshを駆使しての設定変更、GUIからの設定変更、何をやっても正常に機能しないプロファイルがひりだされるわけですから。

…というわけでネットワークのプロパティから設定を行う方法になじんでる人は、くれぐれもご注意を。
Windowsの設定に手慣れていればいるほど、たぶんハマりますよ、これ。
プロフィール

mtr_mai

Author:mtr_mai
鉄道擬人化サークル:駄本会社まいとれのサークル主、M@Iです。 鉄道車輌擬人化の漫画を描いては、売れもしないのに即売会で頒布して遊んでます。
同人関係メインサイト⇒http://www.geocities.jp/mtr_mai/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。