ついにでたよ、ドローン撮り鉄(しかも事故る)

<小型無人機>線路付近に落下 北海道・旭川
魚拓元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150524-00000072-mai-soci

タイムリーな…この週末撮影に行って、現地で他の同好の人たちとそんな話をしていました。遠からずノエルよろしく軌道内上空にドローンを飛ばすクソジャリが湧くんじゃね?って。…言ってた矢先にこれだよ、まったくもう。

ああ、ひとつだけ違うことがありました。

ノエル君は中学生で文字通りのクソジャリですが、このドローン撮り鉄の馬鹿者は。
――クソジャリじゃなくて、旭川市内の自営業の30代男性だそうです。どうしようもねぇですね、こりゃ。
スポンサーサイト

電池交換できないスマホのこと

 この1~2年くらいで携帯電話メーカが軒並みバッテリーパック方式をやめて電池を本体と一体化するようになったのを、ガジェット系雑誌やネットの提灯メディアはどいつもこいつも「防水防滴のため」と書き散らかし、「交換できないのが正しいことなのだ」と情報の受け手を洗脳しようとしていますが、そんなのを見るたびに思うのです。
 普通に使っていて降雨にあっても浸水するほど水なんざ浴びねえし、スコールみたいな状況を想定するというなら、濡れた静電パネルでタッチも反応しないであろうそんな状況で一生懸命スマホの画面をなで回したいヌケサクがそうそういますか?もっといえば、本当に防水防滴にバカみたいにこだわるなら、それより先に、ぬれていても確実かつ正確にタッチに反応できるタッチパネルを作ってからやれって話なのです。
便器にドボン!とか、服と一緒に洗っちゃった♪きゃはっ♪みたいなの以外、防滴防水のお世話になる状況なんてないでしょうよ。そして、服と一緒に洗濯なんかしたら、日常生活防水レベルの防滴防水なんざ屁の役にも立ちませんね。
ゆえに、そこまで防滴防水は重視することではない筈なのです。

防滴防水のためなんてさ。
結局、いいとこ2000円以下の電池パックで済む自力交換を廃して、糞高い修理扱いの電池交換を設定することで、強制的に2年おきくらいで新品に買い換えさせようという大手キャリアとメーカーの利害の一致によるアコギなやり口の、苦しい言い訳でしょうが。


#おや、誰か来たようだ…誰だよこんな夜更けに

AOpenスリムケース H360およびH340の電源のこと

●電源昇天
スリムPCが大好きなもんでTFXモドキ(ここ重要)電源搭載の変態ケースを運用していますが、そんなご家庭サーバの1台が死亡。マザーボードが死んで交換ののち、その再セットアップ後の本格運用開始直後に今度は電源が昇天しやがりました。
オール個体コンデンサのマザーボードであるM4A88TD-Mにしちゃ根性ないなと思ってたのですが、この連鎖は電源に遠因があったのかもしれませんね。省電力部品で固めているし、消費電力計算の上とはいえ、200w電源の運用はやはり余力には乏しい。経年で出力が低下するとともにオーバーロード気味になっていて、MBと相互にダメージを与えあっていたのかもしれません。

さて、そんなわけで電源交換。実はH360用の純正300W電源は、最近サイズが標準的なTFX電源に併せられており、地味に電源の選択肢は広がっています。以前H360の電源を交換した際にそのことは把握していて、今回のH340電源の交換に先立ち、そのサイズをケースにつけたまんまでざっくり採寸したところ、どうやらH360の新電源と同寸っぽいと判定。
「それなら、実はTFX電源って、H340に入るんじゃね?」と思ったのがまずかった。
この判定が正しくなく、いざ買ってきたTFX電源が、バックパネルにつっかえて入らねーのです。
元の電源、ぱっと見は確かにそのまんまTFXサイズなのですが、よく見るとバックパネルに干渉する部分だけ1.5mmほど切り詰めてやがりました。盲点だったのですorz

具体的にはこんな感じ。

TFX電源800番台(勝手に命名)

やいコラ、コイツはどこの身延線用のボロ車ですか。

これからはこの電源をJR倒壊ボロ340系800番台と命名してやるです。
正式名称はFSP200-60SAV BBと言うらしいですが。

でもね、純正電源たるJR倒壊ボロ340系800番台はもう製造終了してるし、今回は入らない電源でなんとか運用してやろうと。
とりあえず、両面テープ付の緩衝材をケース内面に貼りまくって電源を両面テープ固定。これだと不安なのでビニールテープをつかってケース本体とべたべた貼り合わせて、それも伸びそうだったから上から布ガムテを貼ってとどめです。とりあえずくっついたものの、テープ固めじゃ、怖くてとても縦置き運用はできません。
どっかの北朝鮮大好きなプロレスラーじゃないですが、「テープが一番。テープがあれば何でもできる。」な取り付けでした。良い子は真似しちゃいけません。

…前言撤回するのです。

JR倒壊ボロ340系800番台は、国鉄廣島ボロ340系800番台と命名することにします。


●今回使った電源
今回使った電源は玄人志向のKRPW-TX300W/90+
H360の新電源のおまけについてくるアダプター(※去年ぐらいまでの話。マイナーチェンジ後の最新製品には付属しない模様。)をかませば旧H360でもぴったり入りますので、H340では残念な結果となりましたが、H360ならこいつはほぼそのまま使えます。今後H360の電源がこわれたら、純正をやめてこれに交換して運用しようとおもってます。変換効率が高いに越したことはないのです。

ちなみにAmazonのレビューでは、純正からL字金具を移植する時に、その金具の引っかけの部分が干渉するのでヤスリで削れとか書いてる人がいますけど、ペンチで曲げて伸ばすだけでOKですよ。ヤスリやグラインダをひっぱり出して、削りくずを出してゴリゴリ削る必要はありません。2秒仕事なのです。
また、純正はこのパーツがミリネジでつけられていますが、 玄人志向のこの電源は、金具取り付け用のネジ穴がインチネジです。
マザーボードやパーツの余りものがたいていインチネジなので、それを用意しておきましょう。なるべく短めのが良いです。

元状態。
元状態

引っかけ部分をペンチで持って…。
でっぱりをペンチで持ってみる

できあがり。
まっすぐです

旧ドラの中の人

砂川啓介、心境明かす…大山のぶ代の認知症「隠すのつらかった」
魚拓元記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150516-00000025-sanspo-ent

いやはやビックリ。ちょくちょく大御所が亡くなったりはあるんですが、アルツハイマーは、本人の元の人格が失われていくものであるだけに、哀しい。
とうにそういう歳であることはわかっていても、のぶ代がモノクマを演じたダンガンロンパもTVアニメ版はついこの間の作品だったし、もはやドラえもんを演じたことすら覚えていないくらい認知症が重症化していたとは、にわかには信じがたいものがありますね。
アニメ版ダンガンロンパの放映当時、「一度脳梗塞をやってるくらいの高齢だし、ひょっとすれば遺作になるかもしれない。それを見届けるつもりで…」なんて不謹慎なこと(しかしながら現実的なことではある)をどこか思いながら視聴していたのですが、自宅で台本読みによる別撮りを要するなどの制約がつきまとう以上、セリフの多い重要な役を、大山のぶ代氏が通しで演じる作品としては、本当ににあれが最後になってしまうのかもしれません。
これから、ご主人の公私にわたるサポートのもと、やれる範囲で仕事をこなしつつ過ごす余生が平穏なものであればよいと願うばかりなのです。

選択的夫婦別姓で法案 民主、来月にも国会提出…とな

選択的夫婦別姓で法案 民主、来月にも国会提出
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150423-00000551-san-pol

民主党も暇だねぇ…まあ夫婦別姓主張は民主党に限らず各党している層が一定数いますし、ここでミンスガーミンスガーと政党批判をしようって気はありませんが。
批判されるべきは選択的夫婦別姓の思想そのものです。これをすることに何の意味があるって話ですね。

会社の仕事の都合で、その組織等の限定された範囲内において、婿養子入りした男性や嫁入りした女性が旧姓を使うことは、おいらは全然反対じゃないのです。作家のペンネームみたいなところもあるでしょう。
しかし、戸籍をそうするのは利己主義の極みだと思うのです。当代・自分自身のことだけで子供や親族のことを何も考えてないんだろうなぁって。親戚関係でもたとえば「京都の山田(親戚として1グループ)」とか呼ぶことがあるし、姓っていうのはそういう「家」のくくりですよ。ちょっとでも法事や葬式、親戚づきあいに絡んだら、わかりそうなものですがねぇ…。

仮にこんな馬鹿げた法案が決まったら、次にどんな議論が出てくるかも目に見えているのです。
・「もう理由不問で苗字も名前もいつでも好きに変えていいようにしろ。限られたタイミングで別姓同姓どちらかの選択しかできないのはおかしい!」
・「子供の命名時に名前と合わせてオリジナル苗字をつけたいの!可愛い苗字付けるの!きらきらっきゅぴ~ん!」
DQN苗字のはじまりですね、はい。
ノイジーマイノリティの利己主義者は害悪でしかないと思うの、心底。
プロフィール

mtr_mai

Author:mtr_mai
鉄道擬人化サークル:駄本会社まいとれのサークル主、M@Iです。 鉄道車輌擬人化の漫画を描いては、売れもしないのに即売会で頒布して遊んでます。
同人関係メインサイト⇒http://www.geocities.jp/mtr_mai/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR