スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やまぐち号リニューアル

今年は6月ごろから何度か通っているのですが、ふと行ってきました。
まぁ今年は7~8年ぶりのDCもあり、この9月からの新型客車の投入、晩秋からのD51の投入と、山口が熱いです。
この9月頭は、新型客車のデビューといういことで、今回は撮影のみを目的に現地入り。

9月2日は新旧客車の交換離合を篠目にて。
これは、後にも先にもそうやらないでしょうし、貴重な一枚となりました。


地元鉄グループの場所取りに若干のモヤモヤはあったんですが、一応、そのグループのうち何人かの方は徹夜で現地入りして待ってた人に配慮して低めに構えてくれたので、結果的に実害はなく、予定通りワイドアングルで撮影できました。
…とはいえど、私と一緒に前夜から現地にいた方のうち、カメラをパンさせるつもりだった動画鉄の方は、立ち位置がそれでも解決できない位置だったために台無しになってしまった様子。長い間待っていたのを知っているだけに本当に気の毒でした。静止画メインで動画は定点固定というなら、前の人の頭か肩の間からうまく抜けばいいんですが、メインが動画で、カメラをパンさせながら1台のビデオカメラできれいにまとめることを試みる場合は、さすがに無理だったようで…。一番やりたいことが台無しってのはつらいよね。(これ、伏線なのです)


9月3日は宮野定番。

銀塩35mm機換算135ミリの中望遠域で納めてます。本来、もう少し手前にコスモスが群生しており、そこまで引っ張る(”電柱脇”を立ち位置とするなら90ミリ~100ミリくらい)のがいい撮影地なのですが、これが7月ごろにまるまる草刈りされてしまって…、見るも無残に土むき出しになっていたので、奥に押し込んで稲穂と一緒に撮ってみたのです。

そして、仕上げに、返しの上り列車を個人的に定点観測地にしている長門峡-篠目S字の俯瞰へ…
ここで事件はおきたのです。いやはや、年々追っかけ族のマナーは悪くなる一方で…
列車通過前の、長門峡発車の汽笛も鳴り響き、踏切が鳴り出す直前の16時37分、奴は突如として現れた。
まぁ時系列をまとめた画像をご覧くださいまし。



見よ、このドヤ顔。故意犯です。
定番の俯瞰ポイントで、列車向こうの逆サイドに立つパターンはあります。車体で隠れるからね。みんなそれを知っているので、追っかけ族で列車の奥の道路に立つ人は時々ある。
しかし、こいつがもぐりこんだ場所は、電流鉄線でかこわれた、明確に地主さんが入るなと意図を示している田んぼ。そこに堂々と入ることも問題ありなのですが、しゃがんで安心させておいて、自分がガーター上の窯の大写し(たぶん)をした瞬間、即座に立って次の追っかけにダッシュというのが許せない。
入ってきてまず茂みにしゃがむということは、この俯瞰ポイントを知ってるわけですよね。そこでどういう風にみんな撮るかを知ってるわけですよね。
それで立ち上がるあたり、最初から乱入したうえで次のポイントに1秒でも早く暴走運転していくために、気を使っているふりをして見せた非常に悪質な撮影者です。直前割り込みでそのまま立っていれば罵声が飛んでくる話ですから、それをさせないために形だけしゃがんで見せて、俯瞰ポイントの撮影者をだましたわけです。

しかしこのモジャモジャ頭野郎、ここから追っかけても、やまぐち号に関して次に撮影できるポイントはそうそうねぇだろうと。
まぁ暴走運転で事故らずいけば、湯田温泉より南のあたりで追いつくんでしょうかね?
絵面的に面白い場所でもないので街中で撮っている人がいるかどうかはわかりませんが、居たとしてまた同じ手口を使い、そこで準備して待っていた撮影者の撮影を台無しにするつもりなのでしょう。
こんな乱入をしてまでしょっぼい機関車の大写しを得たいというなら、鉄道博物館でもどこでもいきなさいよ。その程度の写真なら博物館で十分です。
本当に、ガーター脇のローアングル大写しとか、直前乱入してまで取る絵か?こんな追っかけをするなら、沿線撮り鉄なんてやめちまえ。
スポンサーサイト

TF5感想

実写TF5作目、最後の騎士王。
先週末行ってきましたが…うーん、後半のディザスターパニック映画みたいなアクション、要りますかね?どうも2作目(リベンジ)で「人間ドラマガー」を言われまくってラジー賞を貰ったのがいまだ堪えているのか、相変わらず肌色成分(人間キャラ活躍)がしつこく、かったるい映画となってやがりました。
ほんと、マイケルベイお得意の、崩壊する傾いた床の滑り台でワーワーキャーキャーやってるのはどうでもいい。オスプレイによる空挺作戦とか心底どうでもいい。その手の荒事は肌色軍団(人間キャラ)じゃなくオートボット中心でやれ。
後半の戦闘ほとんど肌色軍団の活躍でTFが目立たないとか、もう論外ですよ。
そういう肌色軍団偏重、いらねぇから!んなもん、ほかのSFバトル物でいくらでも見れるから!トランスフォーマーの戦いをみたいんです!セイバートロン星からきたロボット生命体の物語を見たいんです!

…というわけで、ダークサイドムーン以降毎度のことだけど、尺のわりに、その尺を無駄遣いしているなぁと感じました。今作はストーリー前半のほうが、肌色軍団(人間キャラ)が出しゃばりすぎない分、TF作品として楽しく見れた感じですね。終盤あたりは眠いのでもなんでもなく、純粋に内容が退屈で生あくびしながら冷めた気分で見ていました。「またか…」と。

原作付き作品の多くにいえることですが、思うに、TFは多くの要素において実写版の原作といえるG1トランスフォーマー(無印や2010)作品に対する思い入れや知識のない単なる映画好きに媚びを売る必要は全くない。そういうことをやればやるほど、典型的なハリウッド映画になるわけで、TFファンはそんなのは望んじゃいねーのですよ。
TFファンとしてはwktkする要素はちりばめられている。いよいよ話がユニクロンに踏み込んだしね。クインテッサ星人も出してきたしね。…なのに、それらを全然上手に料理できていない作品だったのでした。


ところで、この作品、前田有一氏の超映画批評でも酷評されているのですが…。
「トランスフォーマー/最後の騎士王」35点(100点満点中)

うん、納得。評価点は納得。でも、前田氏の感想は「なんか、着眼点が間違ってんぞ」と思うのです。原作知らないやつが原作付き映画に特攻して酷評してるパターンだなと思いました。この作品の場合、目新しいとか、そういうのいらないですからね。
なぜなら、映画として、区切り区切りで1話完結してるものの、一連の大きいストーリーが元々あり、そこから未消化の設定や要素をシリーズ毎に消化していってる作品ですから。むしろ、それでポンポン目新しくなるほうが設定破たんなどでおかしなことになるわけで。
例えば4作目みたいに粉微塵になってモーフィング変形する、地球製ボディのディセップスとか、いらないから。映像的には、TFの変形パターンとしては目新しいけど、ああいうのは、いらない。

そしてなにより…

(以下同サイト内から引用)
> 同じようなキャラクターが同じような変形をして、同じような間違いをしててんやわんやして、
> また同じようなバトルを繰り広げるというのは、同じものを何度でも見たがる幼児や、
> あるいは幼児のような大人にはそれなりに楽しめるものかもしれない。

> 本作のレーティングは誰でも見られるGだが、そろそろ映倫もアンダー8とか、
> 逆レーティングを検討してもいいかもしれない。


〆のこの言いぐさはひどいぞ、とw
原作に相当するG1TFを知らない世代でもないでしょうに、TFファンそのものを巻き込んでこき下ろすならば…
原作付き作品であることの逃げを打ちに打って打ちまくって世間の酷評とは正反対の好意的評価を付けた、
ジョジョの奇妙な冒険実写版の批評は一体何なのだ…?

GPD WIN

思った以上にイカス!というか、「初めて手にした大正解」って感じです。
液晶が気泡まみれになるまでのちょっと前までのお出かけの友・U/G90は、あくまでPCの作業を要するときの緊急端末としてギリギリであり、手持ち操作は論外!(おいらの手が小さい故)だったのですが、こいつは全部解消しています。
これはむしろ手持ち操作してなんぼのハードウェア。
指が届かないキーはなく、あらかじめコントローラのボタンにIMEオンオフやCtrl+Cなどをマッピングしておけば、PCとしての操作がストレスフリーで全部できる。
なので、おいらはタッチパネル真っ先にハードレベルで切りましたしね。
たぶんゲーマーからみると邪道もいいところでしょうが、ゲーム機として使う予定は全くありません。
おいらの用途は純然たる端末なのです。

少しググるとエアユーザが妄想のもとに屁講釈たれたりしてましたが、こいつなぁ…。

全然わかってねぇわ、この人…。実機を手にしてじっくりカスタマイズしてから言えってもんですよ。

#さらに言えば、失敗する!という力説もイタい。
#クラウドファンディングでアーリーアダプターからどんだけ投資が集まったかって話で、
#それが数倍の額面で集まった時点で何も失敗してないんですよね、GPD WINは。
#何をもって失敗すると吠えているのか。こいつ、富士通やNECのマスプロダクトと勘違いしてるんじゃないのか。

##こういう愚かなおぢいちゃんにはなりたいくないと思いました。まる。

iQOSの話

2か月ほど前に職場の先輩が使い始めて、試させてもらってから気になってたiQOS。
クーポン確保が面倒で腰が上がらなかったが5月末までのキャンペーン延長とあって、
意を決して買おうとしたらどこも品切れでおいてない!
そんなに利用者増えてねぇだろうに、不具合でもあって回収だったかと思いきや、
本日その先輩から話を聞くと、どうやらマスゴミと転売屋の凶悪タッグがもたらしたひどい状況のようで…

・アメトークで放送されて地方の人がほしがった。これがきっかけ。
・それをみて転売厨が中国人を使って関東一円競うように買い荒らして買い占めた。
・現在ヤフオクで15000円で売られてる。そんなぼったくり買わなきゃいいのに、アメトークで興味持った地方人があほ面下げてそれを買ってるらしく、それで需要と供給のバランスが成立してしまっている。
・おかげさんで入荷即転売厨による買占め、ついにはどのコンビニも入荷未定という状況に。

もともとあのDQN番組嫌いだったのもあるのですが…
心底、軽率にイナゴ連中や転売屋をあおるようなことをしたアメトークよ。
すげー迷惑です。まじで番組スタッフ・キャスト一同死んでくれ。死ね。

真ピンク。どっピンク。

<若桜鉄道>ピンク色のSLを「恋の日」にお披露目 鳥取
元記事URL1:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160501-00000012-mai-soci.view-000
元記事URL2:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160501-00000012-mai-soci

大洗のほうから熱い視線が送られていそうな気がするのは気のせいですか。
電車でDみたく列車道に青春をかけるJKなんてパロディを思いつく奴(※)が涌いて出てきそうな気がギュンギュンしやがるのです。

動態保存蒸機も立派な技術遺構。そんなものになんちゅうことを…と思うところですが、大井川が遠山万寿夫をやって以来、今更この程度では動じなくなっている今日この頃なのです。

※:あ、おいらはやりませんよ?元作品にさほど造詣が深くねーから無理w
プロフィール

mtr_mai

Author:mtr_mai
鉄道擬人化サークル:駄本会社まいとれのサークル主、M@Iです。 鉄道車輌擬人化の漫画を描いては、売れもしないのに即売会で頒布して遊んでます。
同人関係メインサイト⇒http://www.geocities.jp/mtr_mai/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。